スタッフブログ

2019.03.31

湯葉、京都、日本人、食の特権を

先日、両眼の白内障手術をさせていただいた患者さんが、お勤めのお店の商品を下さいました。「千丸屋」という湯葉の専門店http://www.senmaruya.co.jpで、失礼ながら、これを頂くまで知らなかったのですが、実は、湯葉は大変好きで、日頃ほとんど料理をしない私も、早速自宅で頂きました。

頂いたのは様々な仕上げ方の湯葉を詰め合わせた物でしたが、私が特に気に入ったのは、くみ上げ湯葉と、もう一つ、「ゆばしるく」とよばれる商品で、このお店のオリジナルでしょうか、ほぼくみ上げ湯葉のような食感でありながら、大変濃厚な味で、付属の出汁醤油を少しかけて頂きます。口に入れると、すぐにとろけてしまいそうな食べ物ですが、長く噛むことで、より大豆の味と香りを感じることが出来ます。そして、出汁醤油をかける量を変えるだけでも、違う顔を見せてくれる、この様な食材の、ある種、微細な味を楽しむことが出来るのは、日本だけではないでしょうか。