眼瞼下垂手術

眼瞼下垂手術について

眼瞼下垂とは、瞼を上に引き上げる筋肉(眼瞼挙筋)の働きが弱くなり、上瞼が下がって、目が開けづらくなった状態です。
眼瞼下垂手術では、弱まった筋肉(眼瞼挙筋)を短くして付け直したり、たるんでいる上瞼の皮膚を切除して、瞼を挙げ、良好な視野が得られるようにします。

そもそも眼瞼下垂って?

眼瞼下垂は、加齢、先天的要因、ハードコンタクトレンズの長期装用などにより、瞼を上に引き上げる筋肉(眼瞼挙筋)が弱まったり、伸びてしまったり、または瞼の皮膚そのものがたるんでしまったりすることで起こります。最も多く見られる加齢性眼瞼下垂では、殆どの場合、瞼の皮膚も弛んでいます。

これらの程度が強くなると瞼が垂れ下がって視野の一部が阻害され、特に上が見づらくなるので、「運転中、信号機が見づらい」と訴える方もよくおられます。

  • 正常な目【正常な目】
  • 眼瞼下垂【眼瞼下垂】

こんな症状があれば眼瞼下垂かもしれません

こんな症状があれば眼瞼下垂かもしれません

  • 瞼が重い
  • 目が疲れる
  • 眩しい
  • 目元の印象が悪い
  • 上瞼が被さって前が見づらい(=瞼を指で挙げると見やすくなる)

など

このような症状があってお困りでしたら、お気軽に京都市南区の大内雅之アイクリニックまでご相談ください。

手術費用の目安

1割負担の方 約7,200円
3割負担の方 約21,600円

※眼瞼下垂に対する手術は保険診療で可能です。

専門医師が手術を行います

京都市南区の大内雅之アイクリニックでは、眼瞼下垂の症状でお困りの方へ日帰り手術を行っています。
眼瞼下垂を専門とする医師が、お一人おひとりの病状を詳しく確認した上で、安全かつ最適な手術を行います。

眼瞼下垂手術のQ&A

手術中、痛みはありますか?

局所麻酔下で手術を行いますので、痛みはありません。

傷跡は残るのでしょうか?

皮膚のしわに沿って切開しますので、時間が経てばわからなくなります。

1回手術をすれば、また眼瞼下垂になることはないですか?

再発する可能性はあります。特に老人性眼瞼下垂では、一度上げた瞼が経年変化によって、再度下垂してくることがあります。その場合には再手術を行います。

他科で抗凝固剤(出血が止まりにくくなるお薬)を処方されていますが手術は可能でしょうか?

原則的に1週間の休薬をお願いしています。病状によって休薬が不可能な場合でも、手術は可能ですが、術後の腫れが引くまで時間がかかることがあります。