院長ブログ(医療の真実、医者の舞台裏)

  • ホーム > 
  • 院長ブログ(医療の真実、医者の舞台裏)
2019.12.20

2019 白内障手術ベストビデオ賞 受賞

日本白内障屈折手術学会では、毎年12月に、ウィンターセミナーという、専門家が集まって手術について議論する会を催しています。

 

そこでは、白内障手術プレミアリーグと称して、難しい症例に対するテクニックや、手技の ...

2019.12.01

若い医師に、手術倫理を守って欲しい

始めにお断りしておきますが、殆どの医師達は、高い倫理感を持って手術技術の研鑽をしています。しかし、ここ数ヶ月で非常に憂慮すべき事態に直面したのでお話ししないわけにはいきません。

 

ご本人には症状の訴えが無かっ ...

2019.11.13

病院ランキング本、名医本の舞台裏

最近、書店、コンビニエンスストアに行くと、魅力的なタイトルの本が沢山並んでいるのを、皆さんもよく目にされると思います。

これらの、所謂「名医本」には、本当に腕の良い医師、病院も紹介されています。

 先週、私の所 ...

2019.11.12

開業こぼれ話 ~医師会仁義なき戦い、その1~

お陰様をもちまして、当クリニックも無事、開院一周年を迎えました。

しかし、私の開院は、普通にスムーズに運んだのではなく、まさに、このブログのタイトル「舞台裏」にふさわしい、なかなかの波瀾万丈だったのです。今回は、この、決し ...

2019.11.12

開業こぼれ話 ~医師会仁義なき戦い、その2~

さて、私のケースですが、この地域でも、眼科医を含め,殆どの先生方が、「地域の眼科医療水準が上がる」と、快く迎えようと仰って下さっていた中、一つの眼科とその親族の医院、2名の先生から強い反対が発声されました(実際には、ヒアリング会議の前 ...

2019.11.10

京大・府立は犬猿の仲? 呉越同舟の巻

京都大学医学部と京都府立医大、鴨川を挟んで目と鼻の先の、この二つの医学部は、創設時の人材引き抜きなどの軋轢から、歴史的にあまり関係が良好でなく、お互いに「川向こう(鴨川の向こう岸の人達)」と、よそよそしい呼び方をしていることは、医者の ...

2019.10.27

互いの施設見学も、飲み会のようなもの?

この週末は、京都国際会議場で、国内最大の眼科関連学会「日本臨床眼科学会」が行われました。いつものように、白内障手術関連の講演をさせて頂きましたが、今日は,講演の話ではありません。

 

いつも一緒に、学術関連の仕 ...

2019.10.05

お国違えば、医療事情も

昨日、中国の眼科の先生方が、当院の見学にいらっしゃいました。
いずれも、当国の白内障手術専門の先生方です。

面白いことに、中国は、あんなに国土が広く人口も多いのに、医療施設の数が少なく、北京などの大都 ...

2019.10.02

最近流行のインターネット番組。医療界にもその波が

昨日は、ホテルの一室で、白内障手術、多焦点眼内レンズ手術のコツについて、講演をしてきました。講演と言っても聴衆は無し!のスタイル?

全国様々な会場で、年に十数回、講演を頼まれますが、僕の場合は、ほぼ全て、医師向け、もっと狭 ...

2019.09.14

F1レースと白内障手術:高性能マシンも、操るのはヒト

昨日、生まれて初めてのモータースポーツ観戦:鈴鹿サーキットのF1レース決勝を観に行ってきました。会場の明るい雰囲気、サーキットの広さ、豪快なエンジン音、大きな車体の迫力ある走り、どれも圧巻でしたが、実際に会場で観ると、色んな発見があり ...