院長ブログ(医療の真実、医者の舞台裏)

  • ホーム > 
  • 院長ブログ(医療の真実、医者の舞台裏)
2019.06.24

京大・府立は犬猿の仲? 呉越同舟の巻

京都大学医学部と京都府立医大、鴨川を挟んで目と鼻の先の、この二つの医学部は、創設時の人材引き抜きなどの軋轢から、歴史的にあまり関係が良好でなく、お互いに「川向こう(鴨川の向こう岸の人達)」と、よそよそしい呼び方をしていることは、医者の ...

2019.06.24

3分手術を受けたいですか?

最近、メディアでは「白内障手術は3分で出来る」などと嘯いている先生がよく出ていますが、あの先生のキチンとした論文を見たことがありません。白内障患者さんの眼の状態は、100人いれば100通り、時々は、「たまたま」3分で終わることもあるか ...

2019.06.20

病院ランキング本、名医本の舞台裏

最近、書店、コンビニエンスストアに行くと、魅力的なタイトルの本が沢山並んでいるのを、皆さんもよく目にされると思います。

これらの、所謂「名医本」には、本当に腕の良い医師、病院も紹介されています。

 先週、私の所 ...

2019.06.02

テストドライバー医師とは?

今日は特別に、ちょっと内緒のお話です。

この写真、何をしていると思いますか?場所は、当院内の待合スペースに特設した実験テーブルです。そして画面に映っているのは、人の眼、ではなく豚の眼(豚眼)です。

  ...

2019.05.18

医学部国盗り物語と、地域の専門分野

 先日、松山に呼ばれて、講演をさせて頂ききました。実は、狭い日本の中でも、地域によって得意な医療の分野に差があり、全て東京のレベルが高い、と言うわけではありません。

この理由は、それぞれの大学の教授に収まった人は、自身の専 ...

2019.05.16

水と医療は、ただ(無料)じゃない

未だ、記憶に新しい、と仰る方もいるかと思いますが、以前、大変憂慮すべき話題が,新聞テレビで扱われていました。ご存じでしょうか?皮膚疾患治療薬の「ヒルドイド」という医療機関向け医薬品に「美肌効果がある」と言う間違った評判がSNSなどで流 ...

2019.05.15

間違わないで下さい。一人医師体制の産婦人科医院での出産も安全です

先日の新聞に、妊産婦の方に著しい誤解と不安を与えかねない、気になる記事が出ていたので、医療人として一言コメントいたします。

内容は、京田辺市の産婦人科医院で起きた医療事故で医療訴訟が持ち上がっている、と言う記事なのですが、 ...

2019.05.12

先端医学と、国際学会に参加する理由

国内は、初の10連休に湧く中、アメリカ白内障屈折手術学会(ASCRS)に参加してきました。この学会は、アメリカの学会なので日本のGWなど全く関係ないのですが、毎年4月か5月に開催され、今年はその日程がちょうど連休後半に当たりました。 ...

2019.04.18

職場や大学を超えた情報交換会はとても大切

我々医師は、出身大学や初期教育を受けた大学病院、勤務した施設により、同じ専門分野でも様々に異なる技術やコツを持っています。ここに楽しそうに写っている5人も、国内外の学会の第一線で活躍している眼科手術医達。皆、白内障、屈折手術の得意な医 ...

2019.03.30

全国紙にて公開セカンドオピニオンDr.に選定

先日、朝日新聞・大阪本社の科学医療部の方が、白内障手術に関する意見を取材にいらっしゃいました。内容は、多焦点眼内レンズに関するものでしたので、そのメカニズムから、適応、長所・短所と様々な術後症状への対応について、約1時間お話しさせて頂 ...