院長ブログ(医療の真実、医者の舞台裏)

  • ホーム > 
  • 院長ブログ(医療の真実、医者の舞台裏)
2019.10.14

F1レースと白内障手術:高性能マシンも、操るのはヒト

昨日、生まれて初めてのモータースポーツ観戦:鈴鹿サーキットのF1レース決勝を観に行ってきました。会場の明るい雰囲気、サーキットの広さ、豪快なエンジン音、大きな車体の迫力ある走り、どれも圧巻でしたが、実際に会場で観ると、色んな発見があり ...

2019.10.05

お国違えば、医療事情も

昨日、中国の眼科の先生方が、当院の見学にいらっしゃいました。
いずれも、当国の白内障手術専門の先生方です。

面白いことに、中国は、あんなに国土が広く人口も多いのに、医療施設の数が少なく、北京などの大都 ...

2019.10.02

最近流行のインターネット番組。医療会にもその波が

昨日は、ホテルの一室で、白内障手術、多焦点眼内レンズ手術のコツについて、講演をしてきました。講演と言っても聴衆は無し!のスタイル?

全国様々な会場で、年に十数回、講演を頼まれますが、僕の場合は、ほぼ全て、医師向け、もっと狭 ...

2019.07.07

京都新聞に掲載されています。白内障手術と老視矯正手術についてお話ししました。

 本日(7月7日)の京都新聞朝刊、20面に、白内障手術、特に、老視矯正を兼ねた最新の手術(多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術、と言います)について、眼内レンズ関連企業様のご尽力による企画ですが、簡単に紹介されています。
何 ...

2019.07.01

医学系学会と企業セミナーをご存知ですか?

先週末、白内障手術関連の最大の学会、日本白内障屈折手術学会が、行われました。
この学会のために、患者さんにはご不便をおかけしましたが、二日間休診にして、スタッフを連れて行きました。


 さて、 ...

2019.06.24

京大・府立は犬猿の仲? 呉越同舟の巻

京都大学医学部と京都府立医大、鴨川を挟んで目と鼻の先の、この二つの医学部は、創設時の人材引き抜きなどの軋轢から、歴史的にあまり関係が良好でなく、お互いに「川向こう(鴨川の向こう岸の人達)」と、よそよそしい呼び方をしていることは、医者の ...

2019.06.24

3分手術を受けたいですか?

最近、メディアでは「白内障手術は3分で出来る」などと嘯いている先生がよく出ていますが、あの先生のキチンとした論文を見たことがありません。白内障患者さんの眼の状態は、100人いれば100通り、時々は、「たまたま」3分で終わることもあるか ...

2019.06.20

病院ランキング本、名医本の舞台裏

最近、書店、コンビニエンスストアに行くと、魅力的なタイトルの本が沢山並んでいるのを、皆さんもよく目にされると思います。

これらの、所謂「名医本」には、本当に腕の良い医師、病院も紹介されています。

 先週、私の所 ...

2019.06.02

テストドライバー医師とは?

今日は特別に、ちょっと内緒のお話です。

この写真、何をしていると思いますか?場所は、当院内の待合スペースに特設した実験テーブルです。そして画面に映っているのは、人の眼、ではなく豚の眼(豚眼)です。

  ...

2019.05.18

医学部国盗り物語と、地域の専門分野

 先日、松山に呼ばれて、講演をさせて頂ききました。実は、狭い日本の中でも、地域によって得意な医療の分野に差があり、全て東京のレベルが高い、と言うわけではありません。

この理由は、それぞれの大学の教授に収まった人は、自身の専 ...