角膜を削らない屈折矯正手術、ICL治療角膜を削らない屈折矯正手術、ICL治療

ICL(屈折矯正手術)治療

  • ホーム > 
  • ICL(屈折矯正手術)治療

ICL(屈折矯正手術)とは?

新たな屈折矯正手術

『ICL(アイシーエル)』

ICLは、眼の中(水晶体と虹彩の間)にレンズを挿入することで、視力を矯正する手術です。眼内コンタクトレンズ治療と言われています。挿入するレンズは、眼内に永久的に装着できる素材で作られています。そのため、お手入れが不要で長期間良好な視力を維持することが出来ます。
従来の『LASIK(レーシック)手術』では、改善が困難であった強度の近視や乱視もICLにより矯正することが可能です。

新たな屈折矯正手術『ICL(アイシーエル)』

当院では、スター・ジャパン社製のICL(眼内コンタクトレンズ)を採用しております。

スター・ジャパン社

当院院長はICL研究会の会員です。最新のICL治療の情報や技術をご提供できるよう努めております。

新たな屈折矯正手術『ICL(アイシーエル)』
ICL認定医

『ICL認定医』を取得しております。

ICLの特徴

角膜を削らない
角膜を削らない

ICL(屈折矯正手術)は、レンズを挿入する手術のため、レーシックのように角膜を削ることなく、良好な視力と鮮やかな見え方を獲得することができます。

角膜を削らない
強度の近視や乱視も対応可能
強度の近視や乱視も
対応可能

レーシックでは適応外となる強度の近視の方や乱視の方でも手術を受けることが可能です。また、角膜の薄い方にも対応可能です。

強度の近視や乱視も対応可能
お手入れが不要外泊、スポーツ、災害時は?
お手入れが不要
外泊、スポーツ、災害時は?

コンタクトレンズを毎日交換したり、洗浄液で洗ったりとメインテナンスの必要がありません。外泊、旅行、スポーツ、災害時での紛失などの煩わしさからも解放されます。生体適合性の高い素材のレンズで生涯手入れは不要です。

お手入れが不要外泊、スポーツ、災害時は?
万一の場合取り外しが可能
万一の場合
取り外しが可能

特に問題なければ、レンズを交換することなく眼の中に入れておくのですが、万一、術後の見え方に問題が生じた場合、レンズを取り外して元に戻すことが可能です。

万一の場合取り外しが可能
ドライアイやアレルギー症状が生じにくい
ドライアイやアレルギー症状が生じにくい

角膜を削るレーシックでは一時的にドライアイが生じることがあります。また、アレルギーが強い方でも、ICLではコンタクトレンズのように、症状が悪化することはありません。

万一の場合取り外しが可能
視覚障害が生じにくい
視覚障害が生じにくい

角膜を削るレーシックでは、術後の角膜表面の歪みにより、ハローやグレアといった視覚障害が生じることがありますが、ICLではこのような問題が生じることはほとんどありません。

視覚障害が生じにくい
視覚障害が生じにくい

コンタクトとICLの比較

ICLをした場合とコンタクトレンズを長期で使用した場合のコストを比較しました。
ICLは両眼で680,000円、コンタクトレンズは1ヵ月4,000円だと仮定して、20年間のコストを算出したとします。
コンタクトレンズを14年間使用すると、ICLと同じ費用になり、15年を過ぎるとコンタクトレンズの方が費用が高くなっているのが分かります。
長期的にコンタクトレンズを使用する場合と比べると、ICLの方が費用を抑えることが可能です。
現在、コンタクトレンズを使用されている方は、月どのくらいの費用がかかっているのか、今後何十年使用するのか計算をして、比較して頂けると良いと思います。

コンタクトとICLの比較

レーシックとICLの比較

レーシックとの比較を分かりやすく表にしました。当院においても患者様よりICLとレーシックの違いについて質問を受けることがございます。それぞれの特長をご理解頂いた上で選択して頂きたいと思います。

ICL治療 レーシック
すっきり鮮やかな見え方
20~30分の治療
角膜を削る 角膜を削らない 角膜を削る
ドライアイ ドライアイにならない 時折ドライアイになる
元の状態に戻せる
取り出せる
×
元に戻せない
将来の眼疾患治療への影響
将来の白内障手術の精度を
落としません

角膜が関連する治療の場合
制限が加わる可能性がある
薄い角膜への治療
限度がある
紫外線カットレンズ 素材は紫外線をカット ×

初診~手術~アフターフォローのスケジュール

乱視用ソフトコンタクトレンズやハードコンタクトレンズをご使用中で、早めの手術をお考えの方は、適応検査前から装用中止していただくことをお勧め致します。

初診(適応検査・コンサルテーション)
初診(適応検査・
コンサルテーション)
STEP1

眼の精密検査を行い、その結果を元に手術の内容や手術前後の注意事項について詳しくご説明します。

再検査
再検査
STEP2

眼内レンズの度数を決めるための再検査です。採血も行います。この検査の前に、コンタクトレンズの装用中止期間があります。

レンズオーダー
レンズオーダー
STEP3

予約金のご入金確認後に、レンズを海外のレンズメーカーにオーダーします。レンズが届くまでに2週間〜1ヶ月ぐらいかかります。(乱視用は2ヶ月かかる場合もあります)

手術の予約
手術の予約
STEP4

レンズが届きましたらご連絡致しますので、手術日をお決め下さい。

手術当日(所要時間 片眼 約10分)
手術当日(所要時間 片眼 約10分)
ご希望により、両眼同日か、片眼ずつ日を分けて手術を行います。
ご希望により、両眼同日か、片眼ずつ日を分けて手術を行います。
点眼麻酔をして角膜の縁を約3mm切開します。

点眼麻酔をして角膜の縁を約3mm切開します。

切開した部分からICLを眼の中に入れます。

切開した部分からICLを眼の中に入れます。

ICLを虹彩と水晶体の間に固定します。

ICLを虹彩と水晶体の間に固定します。

院内で暫くお休み頂いたあと、検査し、帰宅頂きます。

院内で暫くお休み頂いたあと、検査し、帰宅頂きます。

アフターフォロー 術後も定期的に検査を行います。
アフターフォロー
術後も定期的に検査を行います。

散瞳検査を行いますので、来院時の運転は
控えてください。

1年に1回検査があります。

手術費用

ホールICL
(穴あきICL)

ホールICL(穴あきICL)

※自費診療手術ですので、健康保険は適応されません。

現在モニター募集中

(価格についてはスタッフまでお尋ねください。)

このような方におすすめします

眼鏡、コンタクトレンズに
頼らない生活をご希望の方

強度な近視や乱視・遠視の方

レーシックに抵抗のある方

このような方におすすめします

ICL治療Q&A

眼内コンタクトレンズは
どんな素材ですか?

眼内コンタクトレンズ(ICL)は、コラマーと呼ばれる特殊な素材で、従来のソフトコンタクトレンズのような柔らかさがあります。ですので、外傷で眼をぶつけてしまったとしても、レンズが割れて眼を傷つけることはありません。
眼内コンタクトレンズは、生体適合性が高く、長期間使用しても眼に悪影響を及ぼすことはありません。また、白内障の手術が必要な場合には、眼内コンタクトレンズを取り外すことが可能です。

年齢制限や治療対象外
となる場合はありますか?

ICL治療の一般的な適応年齢は、21~55歳くらいまでの方で、使用しているメガネ・コンタクトレンズの度数が安定している方となります。中でも強い近視や乱視のある方におすすめです。
妊娠中の方、授乳期間中の方は、視力が不安定になる傾向がありますので、治療対象外となります。また、眼球の奥行きや部分サイズによっては、眼内コンタクトレンズの取り付けるスペースが足りず適応外となることがあります。他には、眼の病気や全身疾患をお持ちの方は治療の対象外となることがあります。

手術中、術後に
痛みはありますか?

点眼麻酔を行うため、手術中の痛みはありません。術中は眼を開けておくための器具を使用するため、まれに圧迫感、不快感、違和感が生じる場合もあります。
術後に麻酔が切れた際、軽い痛みや異物感が生じることがありますが、時間と共に軽減・消失します。

術後、すぐに
視力は安定しますか?

手術直後は、炎症のため見えづらさもありますが、通常翌日~1週間程度で視力が安定します。(個人差があります。)

手術費用は公的医療保険の
対象ですか?

ICL治療は、公的医療保険の対象ではありません。ただし、加入されている民間の保険の給付対象になっている場合があります。
「有水晶体眼内レンズ挿入手術」に対する給付が契約に盛り込まれているかどうか、ご加入の保険会社にお問合せください。

合併症のリスクは
あるのでしょうか?

夜間に光がにじんだり、まぶしく感じる「ハロー・グレア」が生じることがあります。ほどんどの方が数ヶ月で解消されます。まれに、乱視用レンズの回転が起こることがあります。
起こりうる合併症のリスクやその際の対処につきましては、医師から事前に詳しく説明をさせていただきます。

眼内コンタクトレンズを
入れていることは周りの人に
気づかれないのでしょうか?

周囲の方やご自身が見て、眼内コンタクトレンズが入っていることは分かりません。
眼内コンタクトレンズは光彩の後ろに入れるレンズのため、眼科医が検査機器を使用して確認しない限り、外から見えるということはありません。

術後、近視の戻りは
ないのでしょうか?

レーシック手術の場合、術後数年間で視力が落ちる(近視の戻り)傾向にあることが学会で報告されています。特に強度の近視の方に著しい近視の戻りがみられます。
現在まで、ICL治療による顕著な近視の戻りは報告されておりません。手術直後、そして何年経過しても長期にわたる視力の安定が期待できます。

ドクター紹介・クリニック紹介

大内雅之アイクリニック院長 大内 雅之

  • ・大内雅之アイクリニック 院長
  • ・京都府立医科大学客員講師
  • ・北海道大学非常勤講師
  • ・日本眼科手術学会理事
  • ・日本白内障屈折手術学会理事
院長 大内 雅之
診療時間
9:00〜12:00
14:30〜17:30

○:手術 休診日:土曜午後、日曜祝日

住所:〒601-8449 京都府京都市南区西九条大国町9-1

アクセスの詳細