緑内障治療

緑内障治療について

緑内障治療は、早くから開始すればするほど、点眼などのお体への負担や経済的負担が少ない治療で済むようになります。一方、進行してから開始すればするほど、手術など、負担の重い治療になりますので、できるだけ早期の眼科受診が大事です。

緑内障の病期について

緑内障治療では、患者様の病期(病気の程度)に合わせた適切な治療方法の選択が大切です。
京都市南区の大内雅之アイクリニックでは、最新の設備で緑内障病期の判定を行っています。

緑内障の治療方法

点眼治療

点眼治療早期に発見し、適切な時期に治療を開始することで、多くの方が、点眼治療のみで緑内障の進行を抑えることができています。最近では点眼薬の種類が増えており、以前よりも点眼治療で高い効果が得られるようになっています。

手術

最大限の点眼を用いて治療を続けても緑内障が進行するケースでは、手術治療が必要になります。

レーザー治療(日帰り)

レーザー治療(日帰り)従来、点眼治療で効果が不十分な場合は手術に移行していましたが、最近ではレーザー治療という選択肢もあります。手術と比べて負担が少なく、日帰りで行える点はメリットですが、手術ほど高い治療効果は期待できず、その多くは、治療効果の持続も長くはありません。

緑内障治療のQ&A

点眼薬に副作用はありますか?

各種緑内障の点眼薬には多少の副作用が伴います。しかし、緑内障治療は継続することが大事で、途中でやめてしまってはいけません。適切な点眼方法の指導や、薬剤・点眼パターンの変更を工夫することで、安全に治療が継続できる状況を整えます。

レーザー治療に痛みはありますか?

痛みはほとんどありませんので、安心して受けていただけます。

レーザー治療を受ければ手術をしなくて済みますか?

レーザー治療は外来で行うことができ、負担の少ない治療ではありますが、効果は手術に劣ります。ですので、高度に進行した緑内障の患者様では手術が必要となるケースがあります。

他科(内科・外科・精神科など)で緑内障があると、使えないお薬があると聞きましたが…?

そのような他科の治療薬の影響を受ける緑内障は、緑内障の内の一部のタイプです。多くの患者様は問題ないのですが、一度は眼科を受診して確認するようにしてください。