白内障

初期症状がない場合が多い白内障

初期症状がない場合が多い白内障白内障は、加齢などが原因でカメラのレンズのような役割を担う
「水晶体」が濁ることで視力が低下する病気です。
初期にはほとんど症状は現れませんが、進行すると「ものがかすんで見える」「光が眩しい」「一時的に近くが見えやすくなって、眼鏡が合わなくなる」などの症状が現れます。

白内障を放置すると健康寿命が短くなる!?

白内障を放置すると健康寿命が短くなる!?白内障を放置していると、視力が低下するだけでなく、生活の質(QOL)が大幅に侵されることが最近の論文で報告されています。そして白内障手術を受けると、よく見えるようになるだけでなく、それによって様々な身体機能の改善に繋がり、健康寿命が伸びることも証明されています。

白内障の放置、進行は健康を脅かすリスクが…

認知症のリスクが2.9倍

白内障で視力不良の方は、視力良好な方と比べて認知症のリスクが2.9倍高いとされています。
※Fijiwara-kyo Eye study日本人データ
※Biores Open Acceaa, 2016

一方、白内障手術によって視力が良くなると、認知症になるリスクが大幅に下がると言われています。
※Am J Ophthalmol 2008

転倒による骨折のリスクが高くなる

白内障を放置している方や、白内障に罹患しているのに眼科医療機関を受診せず、手術を受けていない方などは、転倒やそれに伴う骨盤骨折で長期間歩けなくなるリスクが高くなるとされています。
※Ophthal. Physiol. Opt. 2005

これに対して、白内障手術後は歩行速度が上がる(早く歩けるようになる)ことがわかっています。
※Asia-Pacific Journal of Ophthalmology 2014
※Scientific Reports 2015

身体活動性が低下する

白内障が進行するほど身体活動性が低下し、結果として高血圧、動脈硬化、高脂血症、肥満などを引き起こし、脳血管障害のリスクが上がるとされています。
※Medicina (Kaunas) 2006

一方、白内障手術を受けることで、睡眠時間や睡眠の質が改善して昼間の眠気がなくなるなど、多くの健康関連指数が上昇することがわかっています。
※REJUVENATION RESEARCH, 2013
※REJUVENATION RESEARCH, 2014

白内障になる原因は?

白内障の原因は様々ですが、最も多いのは加齢によるものです。年齢を重ねるにつれて、水晶体が白く濁って見えづらくなります。これを「加齢性白内障」と言います。その他、アトピー性皮膚炎や糖尿病などの全身疾患の合併症として起こるものや、母胎で風疹に感染して起こる先天性のもの(先天性白内障)などがあります。

白内障になる原因は?

若い方の白内障が増えています

近年、アトピー性皮膚炎や糖尿病の合併症として、30~40代の若い世代での白内障が増えており、手術を受ける方が珍しくなくなっています。
若い方の場合、少しでも視力が低下すると、お仕事や生活に支障を来すことが多いので、少しでも「おかしい」と思われたらすぐに京都市南区の大内雅之アイクリニックへご相談ください。

こんな症状は白内障かもしれません

こんな症状は白内障かもしれません

  • ものがかすんで見える
  • ものが二重三重に見える
  • 視界に、モヤがかかっている
  • 天気の良い日の屋外など、明るいところで眩しさを感じる
  • 運転中、対向車のヘッドライトを眩しく感じる
  • 一時的に近くが見えやすくなって、眼鏡が合わなくなる

など

このような症状をお感じの時には、すでに白内障が進行している恐れがありますので、お早めに京都市南区の大内雅之アイクリニックまでご連絡ください。

視力が低下していなくても安心できない!?

視力が低下していなくても安心できない!?通常の視力検査ではわからなくても、コントラストを変えた視力検査を行うと、視機能が落ちていることがわかる場合があります。
初期の白内障の場合、患者様ご本人が「見えづらい」「かすんで見える」と訴えても、視力は低下していないため、眼科で「問題ありません」と言われてしまうケースもあるようです。

京都市南区の大内雅之アイクリニックでは「コントラスト感度測定装置」を導入しています。
精度の高い検査、診察を行いますので、安心してご来院ください。

白内障になるとこんなに見え方に違いが!

白内障になると、見え方にこんなにも違いがあります。

  • 正常な場合【正常な場合】
  • 白内障の場合【白内障の場合】

正常な見え方に比べて、白内障になると視界が不鮮明になり、非常に見えづらいことが分かります。

まずは検査を受けましょう!

まずは検査を受けましょう!白内障の進行状態を調べるために、視力・眼圧・屈折検査などの基本的な検査の後、水晶体の濁りの状態を調べる「細隙灯顕微鏡検査」、網膜の状態を調べる「眼底検査」、ケースに応じて、角膜表面の状態を正確に評価する「角膜形状解析」などを行います。

初期の白内障では、小さな自覚症状の変化を見過ごされている患者さんを多く経験します。少し異変を感じられましたら検査を受けにご来院ください。

白内障の治療方法は?

点眼治療

点眼治療点眼治療では症状を改善させたり、視力を回復させたりすることはできませんが、症例によっては進行が遅らせられることが、研究レベルですが報告されています。

日帰り白内障手術

日帰り白内障手術視力の低下により仕事に支障を来したり、お車が安全に運転できなかったりするなど、日常生活に不自由を感じるようになった場合には手術を検討します。

京都市南区・大内雅之アイクリニックでは、白内障手術2万件の症例経験と、多くの講演、論文実績を持つ院長が、術前に患者様と十分お話しさせていただき、その方のニーズに合った仕上がり(見え方)を目指します。

白内障のQ&A

白内障がひどくなると失明することはあるのでしょうか?

白内障は手術治療が可能ですので、先進国では、白内障による失明はほとんどありません。しかし、進行が高度になると、手術時間が長くなったり、回復するまでに時間がかかったりするなど、手術の難易度が上がる場合があります。
適切な時期に適切な治療を受けることが大切です。

30代なのですが白内障と診断されてしまい不安です…治療は可能でしょうか?

30~40代などの若い世代での白内障では、仕事や生活への影響が大きいため、「もう少し早くご相談いただけていれば…」と思うことが少なくありません。また、片方の眼が見ているからと放置している間に、手術の難易度が上がってしまうことがあります。
若年であっても手術治療の対象になりますので、お早めにご相談ください。