2022.09.14

大きな学会を主催するということ  裏話2~ブラック編 (上)

みなさま、「専門医」という言葉をご存じでしょうか。医師免許が有れば、法的には全ての診療を出来るわけですが、実際には、私が頭痛や腹痛患者は診られません。そこで、各分野で最低限の診療レベルがある事を、ある程度保証する指標として、各診療科の ...

2022.09.13

大きな学会を主催するということ  裏話2~ブラック編 (中)

そこで、ここ10年くらいは、JSCRSを開催するときには、その年の学会長が自身の所属医局の教授などに頼んで、その申請枠を使わせてもらって、参加者にポイントが付くようにしてきたわけですが、ここでネックになるのが、以前ご紹介した、眼科学会 ...

2022.09.12

大きな学会を主催するということ  裏話2~ブラック編 (下)

そこで私も、所属医局の教授は大ボスに従って「JSCRSに協力するな」派ですから鼻から当てにせず、地元:京都眼科医会の会長先生にお借りすればいいや、と高をくくっていたところ、なんと今年は、そちらにも既に手が回っていたのです。当該先生にお ...

2022.08.23

発表!2022年、最新の白内障治療を学んだ京都の病院

さて、学会裏話の濃い方は次回に回すとして、今度は反対に良い話です。

このシリーズの最初にもお話ししましたように、医学系の学会には、様々な専門学会があります。内科の学会でしたら、呼吸器学会、消化器学会、糖尿病学会、、、などな ...

2022.07.29

大きな学会を主催するということ

学会、と言う言葉は、よく耳にされると思います。医学にかかわらず、その他の自然科学、工業科学、歴史や文学の世界でもあるかも知れません。眼科の世界だけでも、大小様々なものを合わせると、相当数の学会があります。この中には、「眼科の臨床や研究 ...

2022.07.28

医師の手術教育は誰がする:手術の教科書を編集執筆

昨年、手術の教科書の白内障手術のパート、一部を任され執筆しました。「教科書を任される、と言う事」

今回は、白内障手術に搾った内容で、一から企画編集、そして共同執筆した教科書を作りました。それも、初心者研修医ではなく、中級術 ...

2022.07.19

院長が2022-23ベストドクターズを受賞しました

「ベストドクターズ」は、米国の権威あるベストドクターズ社が医師同士の相互評価を実施し、集計の結果、多くの医師から支持を受けた医師を選出するもので、広告料を支払った医師が掲載される、「病院ランキング本」「名医紹介本」とは一線を画しますh ...

2022.04.18

院長が日本白内障屈折矯正手術学会の学会長を務めます

下記画像をクリックするとページにリンクします。 ...

2022.02.17

小林麻耶さんが「名医訪問」で来院されました

 

取材記事はこちら ...
2021.11.27

「手術が必要ですね。大きな病院を紹介しましょう」?

写真は、先日、白内障手術が無事終わった直後の女性。そして隣に立っている若い男性は、この患者さんの息子さんで、私の知人。よく有る光景ですが、この男性に、とても意味のある写真です。

 別にこの男性、タレントでも有名人でもありま ...