医療の真実、医者の舞台裏

2019.02.02

地域医療を支える、志高き眼科医達の姿をお見せしたい!

本日一つ目の仕事は、地域医療を支える、をテーマにしたセミナーの座長。
こちらは、手術とは直接関係は薄い「如何に地域の患者さんに良質な医療を届けるか」と言うテーマに切り込む、眼内レンズ関連企業のシリーズ企画です。朝8時からのセッションにもかかわらず、もの凄く大勢の聴衆が訪れて下さいました。

秋田、筑波、滋賀の3名の先生方が、それぞれ、自院のユニークな取り組みをご披露下さりました。病気のことだけでは無く、医師や医療機関の社会的責務というものを常に意識している、志の高い先生方を見習って、また週明けからの医療に携わろう、と私だけで無く、聴講のみんなが感じたと思います。患者の皆さんには、このような、技術と善意の豊富な先生の医療を、是非受けて頂きたい、京都であれば、このような場にご指名頂いた私が責任を持ってさせて頂きますし、地方の患者様にも、このような有益な情報を届けられたら、といつも考えています。