院長ブログ(医療の真実、医者の舞台裏)

  • ホーム > 
  • 院長ブログ(医療の真実、医者の舞台裏)
2019.05.15

間違わないで下さい。一人医師体制の産婦人科医院での出産も安全です

先日の新聞に、妊産婦の方に著しい誤解と不安を与えかねない、気になる記事が出ていたので、医療人として一言コメントいたします。

内容は、京田辺市の産婦人科医院で起きた医療事故で医療訴訟が持ち上がっている、と言う記事なのですが、 ...

2019.05.12

先端医学と、国際学会に参加する理由

国内は、初の10連休に湧く中、アメリカ白内障屈折手術学会(ASCRS)に参加してきました。この学会は、アメリカの学会なので日本のGWなど全く関係ないのですが、毎年4月か5月に開催され、今年はその日程がちょうど連休後半に当たりました。 ...

2019.04.18

職場や大学を超えた情報交換会はとても大切

我々医師は、出身大学や初期教育を受けた大学病院、勤務した施設により、同じ専門分野でも様々に異なる技術やコツを持っています。ここに楽しそうに写っている5人も、国内外の学会の第一線で活躍している眼科手術医達。皆、白内障、屈折手術の得意な医 ...

2019.03.30

全国紙にて公開セカンドオピニオンDr.に選定

先日、朝日新聞・大阪本社の科学医療部の方が、白内障手術に関する意見を取材にいらっしゃいました。内容は、多焦点眼内レンズに関するものでしたので、そのメカニズムから、適応、長所・短所と様々な術後症状への対応について、約1時間お話しさせて頂 ...

2019.03.22

イチロー引退の翌日、診察券番号1000番発行

本日、開業3ヶ月目で、診察券番号1000番を発行しました。つまり、開院から丁度1000人の患者さんに来院頂いたと言う事です。

 

1000人という数字には大きな意味はありませんし、クリニックとしては、これからま ...

2019.02.25

医師達の日曜日

通常、日曜日は病院は休診です。そんな日曜日、医師達はどのように過ごしているのでしょう。趣味やゴルフを楽しむ先生、小さなお子様を連れて家族サービスに精を出す先生、運悪く当直が当たってしまった先生、様々です。

さて本日、東京四 ...

2019.02.24

術者が手術を受けてみた

日頃は、手術を執刀してばかりの私ですが、実は三年前、手術を2度受けました。

半月板損傷と右肘関節、いずれも、趣味のテニスと当時凝っていた下手なゴルフが原因の膝、肘の故障です。

手術患者になって一番に望んだことは ...

2019.02.10

医師達の日曜日

...
2019.02.02

難症例と手術合併症の話

手術は上手くいって当たり前、殆どの患者さんが、そう思っていらっしゃると思います。僕たちが飛行機に乗ったら「無事に到着して当たり前」と思っているのと同じでしょう。
しかし、飛行には、滑走路でのちょっとしたアクシデント、気流の乱 ...

2019.02.02

地域医療を支える、志高き眼科医達の姿をお見せしたい!

本日一つ目の仕事は、地域医療を支える、をテーマにしたセミナーの座長。
こちらは、手術とは直接関係は薄い「如何に地域の患者さんに良質な医療を届けるか」と言うテーマに切り込む、眼内レンズ関連企業のシリーズ企画です。朝8時からのセ ...